基本的に不定期でテキトーな雑記です。ただ、書いている人の趣味がアレなので、突発的にアニメ・コミック等のネタバレ話や、感想もどきの記事が出るかもしれません。ご注意ください。

お気楽極楽ミラクル 雑記出張所

魔法少女リリカルなのは 第9話 「たいせつなこと」 感想前編(後編未定) | main | ひだまりスケッチスケッチ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第8話「願い、2人で」
ネタバレ注意。ま、今さらですが(笑)。
あと、セリフの引用とか、結構、いい加減かもしれません。
考察ってほどのこともしてない・・・っていうか、結構いい加減です(^^;。
時間が無いので、ごめんなさい。


あと2時間で、第9話の放映なのですが(^^;

観てから書こうとも思いましたが、それだと書くの土曜になっちゃいそうだし、見解も変わってしまうかもしれねいので、やっぱりちょっとだけ書いておこう。

飽くまでこの第7話、及び第8話・・・いわば『ティアナ編』、か・・・のシナリオ展開を肯定する、という前提で言えば、自分的にはこれはもう、ほぼ全面的になのはさん肯定ですね(苦笑)。

ま、ちとやりすぎたのかもしれませんが(2発目は問題か?・・・いやぁ?(^^;)。

ラスト3分の衝撃。
・・・
・・・ってこともないなぁ。だって普通こうなるよなぁ。
なぁんて書くと、『ええっ』って思う方もいるでしょうけど、だってこの流れで、スバルとティアナの『努力が認められました』・・・なんて展開はどう考えてもありえないでしょ。少なくとも、この模擬戦では。

にしてもシナリオもちょっとそう思えちゃうけど、演出あこぎかなぁ?(^^;
2人の努力シーンに(希望的な?)挿入歌まで流しちゃって(^^;

シナリオ部分ではティアナのトチ狂ってイキっぷりとその理由が、イマイチ、こう、ストンと腑に落ちませんでした。
まぁ、半ば無理やり(?)納得するならば、できないこともないところがまた、こう、微妙というか(^^;。

「もう誰も傷つけたくないからー!」

誰を?!

・・・と思ってしまった(^^;。
だって兄貴は『殉職』でしょ? 他に肉親、と呼べるような存在はそれ以前からいなかったような話だったと思うし、何か兄貴の上官にひでー失言があったみただけれども、それで傷ついたくのはティアナ自身だろーし、何か又、この上彼女の別の苦い思い出話とか出てくるんだろうか? それはそれで、ちと展開的にウザく思ってしまいそうだ(^^;。

「亡くしたくないからー!」の方は、わかるけど?

後付説明的な部分は確かに『なのは』では初代から結構、あるいはあるけど・・・こういう土壇場で『ん?』と思ってイマイチ、ノレない気分になるのは珍しいんじゃないかな。いやまぁ、私の見方とそのときの気分の問題ではあるかもしれないけれども。

だって、兄貴の話もなんだか唐突かつAパートでつらつらとイマイチ考えられていない構成で語られていて・・・まぁ、初っ端の方の回からティアナがなにかしら抱え込んでいるのはちゃんと匂わされていましたけど、やっぱりちょっと唐突感があって(^^;
まぁ、文字通り『話は分かった』のですが、イマイチノレませんでした、ここ、私(苦笑)。

今シリーズ、ちょっとそういう傾向つよいかなぁ?
その場説明。回想シーン。伏線は確かにあったけど、なんか、こう、微妙に唐突感が・・・という?

キャロとエリオの5話の『瞬間キックオフ』も、ちょと、そう思った(^^;
でも、あれは私には許容範囲でした。
まぁ、伏線もギリギリだけど(^^;、足りてたと感じられたし、何より最初2人が出会ってお約束でもつれ倒れた(笑)ときは、エリオだけあせっていて(笑)キャロは何てこと無い感じなのが、また、笑えて(笑)あー、異性として認識されてないのね(笑)、と、でも、こいつら絶対パカップル決定!(笑)と思えたもんね(笑)。

んで、5話の初出動(まで)でイロイロ(ってほどでもないんだが(^^;)あったあとでは、キャロの方にもおお! 微妙に恥じらいが・・・!(笑)
と、ちゃんと萌えポイントがあったのが良かったのかな(笑)。


今回のティアナのは、話の性格が全然ちがうからなー。どうなんだろ?、コレ。

話は変わりますが、スバル&ティアナの件の模擬戦でのあのフォーメーション。あれは確かに危険だと思います。
でも、『物理的な』部分だと、4話・・・だっけ? やっぱり模擬戦でそのときはエリオが似たような攻撃やって、それはOKだったのね(笑)。だからちょっと『危険』の自分の中での説得力が欠けてしまうのが困りものなんですが(^^;。

ただ、ティアナのは急降下爆撃なんだよね? エリオみたいに若干(?)とはいえ推進力があるわけではないのですよね。(多分)
つまりまったく軌道修正も不能なら、回避も不能。あの体勢では得意のロープワークも使えなさそう。
なのはさんに、こう、くるっとスバルと位置を入れ替えられたら、スバルを爆撃するわけなんでしょうか?(^^;。
それは致命傷では・・・(汗)
百歩ゆずって、スバルがなのはさんが身動きとれないほどまでになのはさんを押さえ込んでいると仮定しても、いや、どっちみちあの攻撃は、なのはさんが受けてくれること前提である上に、受けちゃったらなのはさん、どうなるんでしょう?

「バリアを切り裂いて! ・・・ 一撃必殺!!」

殺!? ・・・『必』ず、『殺』すんですか!? ヤる気、マンマンですか!? しかもカメラワークのアヤってだけかもしんないけど、観ている方の印象としては、明らかに後頭部を狙っているようにしか見えなかったゾ!?(^^;

『ケンカじゃないんだよ』・・・ってそれもそうだけど、どっちかっつーと、ゲーム感覚?

うーん、なんていうか、こう、『模擬戦』ってうゲームの中での、決まった対処しかしてこない、対『ボスキャラなのはさん』専用シフトって感じかなー。

相手がガジェトⅡ型(? 丸いやつ)でも駄目っぽいね。ましてやルーテシアの in インセクトツークなガジェットではⅠ型(ヴィータの玉喰らうと、クシャおじさんみたいになるヤツ)でも危ないかもね?

迎撃でOUT、避けられてOUT、受け止められて宙ぶらりん・・・OUT。

避けられた場合、某サムライピッチャーの大ジャンプ投法みたいに、スバルに受け止めてもらうのだろうか・・・格好のマトかな。

確かにこれは、SAFEが見当たらないのかもしれない。


まぁ、それよりなにより『精神面』がねー。
ティアナ、『裏切り行為』って分かってたよね?
スバル、『なのはさんは優しいから』・・・そりゃ、あんまりだ。

うーん、いくら若いっつっても、それくらいなんとなーく『やヴぁい』と感じれない年でもなかろーに、と思ってしまうが、ティアナに関してはそこまで追い詰められていたってことなのか・・・なぁ?

スバル、おまいは『アイドルはトイレなんかいかない』って、そーゆータイプだったん?(笑)まぁ、天然のキライは初回からあったけど・・・そこまで?
・・・で、ティアナの『努力』が踏みにじられたら今度は逆ギレかいっ!(^^;

なんつーか、なのはさんがヤンギレっつーか、この2人がなのはさんを人間扱いしていないのではないかと。それぞれ、ちょっと違った角度からではあるけれども。

『優しいなのはさん』は、危険かもしんない攻撃も軽くいなしてくれて、がんばりと成果を見せれば、(方針だけでなく、気持ちも)完膚なきまでに裏切ったことも潔く水に流して、『努力』を認めてくれる・・・

ありえない! ・・・って小学生でも感じそうだ(^^;。だって、たいていの自分のおかんだってそんなの許してくん無いでしょ・・・って2人とも居ないのか・・・(汗)。

あーそーいうこと? ・・・なのかなぁ?(^^;

いやまぁ、そうでなくても、確かに、人間、溜まり溜まると、突拍子も無い行動に出ることはあるといえば、ありますがねー。

あーもー時間がないや。あとはこの、ことの結末をみてから、またうだうだ考えてみよう(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

| 未分類 | 00:56 | トラックバック:1コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://melodysinclair.blog106.fc2.com/tb.php/3-5c8654a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.11.22 Thu 01:15
| ホーム |

プロフィール

アベニゥ

Author:アベニゥ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。